タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Parrot



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

鬼は外!

2013.02.03(13:26) 358



2月もスタートしましたね。
今日3日は「節分」ですね。

豆まき^^我が家はピーナッツでも撒きましょうか。
あっこさんたちは大喜びかも。

悪い物を追い払う!厄払いですね~。
ポーシャの病気も追い払いましょう!









ま「鬼はどこにいるでしゅか?」
ひ「この下にいるかも?」
IMG_6129.jpg










「どれどれ」
IMG_6130.jpg
失礼ね~、君達の下にいるのは「めめちゃん」よ。
仲の良い二羽は、どこに行くのにも一緒です^^

マーシャの血液検査の結果は、ほぼ正常範囲内でした!
まだ3才という若い個体なので、今後の管理をしっかりしましょうね。

13日には光の血液検査の予約を入れてきました。
光はポーシャと全く同じ2006年4月生まれ。
お里もシンガポールのファームで一緒です。

光の今までのご飯は、ベタファームのネクターペレットと
ズプリームのローリーナゲッツでした。
それと、昆虫ゼリーなども食べていたようです。
昆虫ゼリーは高タンパク・高カロリーのイメージですが。。
光は結構、細い子なので検査結果に興味があります。

ポーシャも投薬4週目なので、再度血液検査をしてきます。
お財布が、風邪を引いてしまいました。。。








「鬼はこのお膳の下にいるのかも。。。」
IMG_6134.jpg
とんでもない、数値を示しておりましたが、いつもと何一つ変わらないポーシャ。
食欲もあり、良く喋るし、見た目は本当に元気です。
違う所は、多少のお腹のポッコリ。これは肝臓が大きくなっているせいです。
クチバシの伸び。一時は羽も乱れていましたが、今は落ち着いています。











「ボクのクチバシ、伸びちゃったね。」
「でも、噛み付かないから大丈夫だよ。」
IMG_6135.jpg
クチバシの伸びと肝臓の腫れが比例している様な気がします。
これ以上に伸びたら、先生がカットしてくれるそうです。











IMG_6136.jpg
先生とお話ししましたが、ローリー・ロリキートはかなりの運動量を
必要とするみたいですね。大きな禽舎などで飛ばしてあげるのが理想です。
今までのご飯のカロリーが高いのか?タンパク質の取り過ぎか?
運動不足と相成り、高血脂や高コレステロールが発症したのでしょうか。

ローリー達は確かにアクティブですよね。
ケージ飼いだと、限界があるし。。
ポーシャはHOEIとバードモアさんのコラボ作の「465オウムステンレスプレミアム」。
マーシャはHOEI EB62 オウムステンレス。時々光と同居^^
何れにしても、これが手一杯ですね。
海外の大きな車輪が付いているケージ、これも良いかもしれませんが、大きいよな~。。
見ていられる時は、ほぼ3羽は自由に悪戯を遊ばせております。









IMG_6137.jpg
鳥さん達はとても、愛らしい。
良く懐いてくれるし、お喋りもしてくれる。

最近思うのは、自然の中で悠然と暮らし伴侶を見つけ子孫を増やし
自然の摂理の中で生きていくことが、彼らの一番の幸せなのかなと。

オーストラリアでは、お庭にゴシキや様々な鳥さんが遊びに来てくれて
多少フレンドリーだし、人と鳥さんとの理想的なお付き合いだな~、と
思います。リンクしてある「AUS アンティーのブログ」これが理想です。

次の光の検査結果が分かるまで、ドキドキですね。
ポーシャも少しは良い方向に向かっていますように!






banner.jpg

レインボー・パロット
TEL:0283-85-7030




人気ブログランキングへ




にほんブログ村 鳥ブログ ローリー・ロリキートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Rainbow Parrot



<<ポーシャと光、検査してきました | ホームへ | まったり日曜日>>
コメント
ご無沙汰いたしました。
1ヶ月留守中にいろんなことがあったようでびっくりしました!
ポーシャ店長の治療頑張ってくださいね。

仰るとおり、ゴシキたちの運動量はすごいですよね。
飛行速度もあるし、飛行高度も自由自在に操れる柔軟性、斜め飛び、急停止にも長けています。
最近、驚かされるのは、人間が2人立ち話しているその隙間でも、飛びぬけて行く技をもっていることです(これは、ある意味スゴイ技だよ思うのですが、録画したくても早くてできません^^;)
だから、その運動量に対しての甘い蜜の食物が必要なんでしょうね。

私はゴシキたちとは野鳥として初めて会ったので、そりゃー野鳥のままがいいと思いますが、でも、ペットだと、全く違った生活(人生&鳥正)が送れるのは素敵なことです。
自然で産まれて育ったなら自然界がいいでしょうが、飼育下で生まれ育ったなら飼育下で、人間とのリレーションシップが大切ですよね。

野生のゴシキは、カップルor数羽のグループでいますから、誰かと一緒に居なくては
寂しくて病気になってしまうと思います。
心の病気が体調に影響を及ぼすのは人間と一緒ですよね。
だから、翠雲さんのように、愛情持って暮らしていて、数羽で暮らしているのは、良いのではないでしょうか。


以前の話じゃないですが、野鳥のゴシキも人の行動に感化されて食生活が乱れていますから、これは、ゴシキの性格、キバタンもそうですが、人に慣れてしまう種類の鳥達の試練と運命なんじゃないかしら?と最近考えております。

光くんの検査結果が良いと良いですね。

【2013/02/03 16:19】 | (Auntie)アンティー #ax4px7aw | [edit]
アンティーさま
お帰りなさいませ!
と、ご返信も遅くなり申し訳ございません。。

ポーシャ。。普段は元気一杯なんですよ^^
いばらくは、一生?お薬は続きます。

運動不足も原因の一つですね。
今思うと、若い頃はミーシャもポーシャもビュンビュン飛び回っていました。
あまりに飛び過ぎて、悪戯をするので羽をカットした時期がありました。
その後、何だかデブだな~と思うようになり、2羽ともカット中止。
その頃には、ほとんど飛ばなくなってしまいました。
ゴシキたちは、運動量を必要とするので極力、自由にさせた方がいいですね。

ポーシャは私にベッタリの甘々ちゃん^^
光とマーシャは「二人の世界」で毎日ラブラブですよ^^
運動・お食事・そして精神的な補助。とっても繊細な生き物ですね。

どうか、光の検査。何事もありません様に!
【2013/02/07 10:17】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://portia666.blog14.fc2.com/tb.php/358-220fe3a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プラグインタイトル 検索フォーム

プラグインタイトル RSSリンクの表示
プラグインタイトル リンク
プラグインタイトル ブロとも申請フォーム
プラグインタイトル QRコード

QR

プラグインタイトル フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。