タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Parrot



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ローリーフードについて考える

2012.11.17(14:42) 346


今日は今にも泣きだしそうなお天気です。

お日様がないと寒いですね。

さて、ちょっとローリーフードについて今日は触れてみましょう。

バックは光の水浴びの写真にて。









IMG_1198.jpg

以前からお店の方に、ローリー・ロリキートを飼育している方からご相談がありました。
目の白濁、羽の乱れ、その他噛みつき癖など。

目や羽については、色々な病気の面から考えました。
なぜ、病気になるのか?鉄分の取り過ぎや、人間食べ物を与えたり、ビタミンの取り過ぎなど。
肝臓が悪くなるのは、基本的には鉄分ですよね。ビタミンの過剰摂取もよくありません。

オーストラリアのワイルドゴシキの報告から、「腸性壊死」の症状で亡くなる報告が
記載されていました。原因は、観光客が与えるオープンカフェなどの砂糖やジャムです。
天然の糖類は私たちが食する、精製された砂糖とは違います。

植物などに含まれているのは、ラフィノースシュガーです。
ラフィノースシュガーは、腸の善玉菌のコロニー化を促進して抗感染物質となります。
精製された砂糖とは違います。甘いから食べるのはもちろんですが、砂糖などが含まれて
いる物は与えない方が賢明です。










IMG_1201.jpg

砂糖は基本的に良くない!と皆さまはご存知ですよね。

今年の4月からの換羽で、ポーシャの羽にウネリと乱れが生じてきました。
PBFD?を疑いましたが、その可能性はありませんでした。
次に考えたのが、肝臓から来る疾患です。でも、私は余計な物は与えないし
何が原因なのだろう?頭を悩ませていました。そんな中、原因が分からず
亡くなるローリーやロリキートの報告を受けておりました。










IMG_1211.jpg

早く解決の糸口を見つけなければ!と思い、海外のサイトを隈なく探していました。
そんな時、まさかの症例報告が記載されているのに釘付けになりました。

基本的な主食のローリーフード。パウダーやネクターが原因だとはビックリしました。
フードの主原料である、大豆粉や小麦粉が数年を掛け、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼします。
5年ないし7年ほどで、その生涯を閉じることになってしまうそうです。

それと、高タンパク質なフードは必要ありません。
せめて15%程が限界でしょう。高タンパクも肝臓や腎臓に悪いです。

当時、与えていたフード、メーカーは名指ししませんが、これが主たる原因です。
ポーシャのことを心配していた矢先に、まさかのミーシャが腎疾患に侵されているとは
夢にも思っていないことでした。













IMG_1214.jpg
そこで急遽 、大豆粉や小麦粉を使用していないブレッシング・ローリーフードを
輸入し状況をみておりました。ただ、残念なことにミーシャには間に合わなかったようです。

現在、ポーシャの羽は今回の換羽で、ウネリも乱れもありません。
ある程度、食事で改善されたことになると思います。
ケルプやスピルリナ、ユーカリにビーポーレンなども入っていますので
余計なビタミン類は与える必要は一切ありません。
かえって、ローリー達にビタミン剤などはいけないようです。

補助として、スピルリナは良いみたいです。スピルリナには以下の様な働きがあります。

野生の鳥たちは必要な時にビタミンAに変換されるプロビタミンAカロチノイドを摂取しているため、
ビタミンAが蓄積されて中毒になることもありません。
ビタミンAの過剰摂取は上皮層を破壊し、病原体が細胞に付着するのを容易にします。
低量のビタミンAでさえも、短期間のうちに肝臓に大量に蓄積されることがわかっています。
これは羽の色素異常につながります。
スピルリナに含まれているのは、プロビタミンAカロチノイド。こちらが安全です。
それと、酸化防止剤としての作用があり、細胞を保護し、免疫機能を高めてくれます。











IMG_1215.jpg

マーシャは家に来てから2年半になりますが、約2年はあのフードを食べていました。
マーシャのうんPの臭いのも、只今ありません。うんPが匂うことは、やはり何か
多少なりと原因があったと思います。光も来た当時、うんPが臭かったです。
某メーカーの物ですが、こちらにもやはり大豆粉や小麦粉が使用されておりました。
確たる証拠があるわけでもないですし、私が分析したわけでもないですし
一概には言えませんが、でも亡くなったローリーやロリキートはそのご飯が
ほぼ、主食だと思われます。先日、お電話下さったHさまのゴシキちゃんも
ミーシャとほぼ同じ歳で、10月30日に亡くなったそうです。
やはり、主食は。。。。



ブレッシング社のオーナー様と交渉し、ネクターの仕入れ価格を下げて頂きました。
日本の皆様にもぜひ、パウダーとネクターをご利用頂きたいとの事です。
まもなく、ネクターの方の値下げをいたしますので少々お待ち下さいね。












オーナーのリンダさんより、ペレットのサンプルを頂きました!
IMG_1365.jpg
こちらも、来月に仕入れを開始いたします。











IMG_1369.jpg
色々なお豆の香りがします。
あっこさんのお気に入りになりました^^
ようちゃんの反応は、まあまあでしょうか。

めめちゃんは、ゴールデン・オブルス派でございます。


明日には頑張って、値下げの設定をしたいと思います。
画面の左隣にブレッシング・ローリーフードが貼ってあります。
banner.jpg

レインボー・パロット
TEL:0283-85-7030




人気ブログランキングへ




にほんブログ村 鳥ブログ ローリー・ロリキートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ ヨウムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Rainbow Parrot



<<ゴシキの羽事情 | ホームへ | 久々登場・セキセイ軍団>>
コメント
こんにちわ。光くん、豪快な水浴びですね。かわいいなあ!うちは、どうも水浴びがあんまり
好きじゃないかわりに、ハンドトイで水遊びするのが好きで、困っています。ネクターにも突っ込んじゃう
ので・・・。

るりをさんも、7才でした。先日、主治医ににおさんを健康診断で連れて行き、今までの経緯や
わかったことを話した時も、同じく7年ほどの蓄積で亡くなってしまうと仰っていました。1才半
でも病気ではないものの、高い数値が出ています。気を引き締めてかからないといけないと思いました。

最近、果物について考えています。他のトリさんでも、多く与えるなと最近の文献には書いてありますね。
日本の果物や野菜は海外のものより糖分が高めであると。確かに昔と比べれば、どの果物も甘いものばかりです。
桃農家の友人にも聞きましたが、最近流行は濃厚な甘さ。そのために品種改良や堆肥改良、水遣りの工夫など色々なされているようです。この糖分、肥満や糖尿のもとになるのは勿論ですが、ローリー・ロリキートに関しては
どうなのだろう?幾ら果物や花の蜜が主食と言っても、多いのだろうか?どの果物をどれくらいあげれば
大丈夫なのだろうか?インドネシアやあちらでは濃厚な甘い果物を想像してしまいがちですが、それだけじゃ
ないのかもしれない。もしもそうだとしても、野性下の彼らはそれを回避するための何か工夫をしているのかもしれない。ヨウムさんがココナッツオイルをたくさん食べたり、コンゴウさんが粘土を食べたりしてるみたいに。
なかなか資料がないので苦労しそうですが、何とかヒントがあればなあと思っていました。お砂糖の種類なども、
参考になりそうですね。

におさんはブレッシングパウダーも食べ始めてくれています。りんごにふりかけてあげていたのですが、それをブレッシングのネクターでぺろぺろなめながら食べています。ちゃんと体にいいものをたくさん食べて、元気に長生きして欲しいです。

おもちゃ、とても楽しそうに遊んでいます。破壊も早い(笑)。きっと、二羽一緒に楽しみながら遊んでいる
のだと思います。

長文失礼致しました。冷え込んできましたので、どうか皆さま、お風邪など召しませぬように。
【2012/11/18 00:53】 | りん #- | [edit]
こんばんは 初めまして^^
鳥を飼うのも日も浅く 知らないことばかりだし ローリーも
性格とかもしらなかったりするのですが 籠の鳥、 食べるものは
選べないし 飼い主が これって エサ箱に入れてあげている種類に
よっても 長生きゆえに 悪いものがたまっていき 病気にもなるんですね?!
読んでびっくりする事でした。
私も 我が愛鳥の食にも気をつけてあげないと・・・と思いました。
【2012/11/18 01:48】 | うるぐる #- | [edit]
今晩は。
ゴシキちゃんは色鮮やかで綺麗ですね。
うちのピンナもお迎え当時腎臓の数値が悪くて毎週皮下注射を繰り返し、半年あまりで正常値に戻ったのですが、正常になった要因にやはり餌が有ったのではと思っています。当初ショップが使用していたネクターパウダーを引き続き使用していたのですが、そのネクターが生産中止になりラウディブッシュのローリーネクターにしました。それに伴って水の減り方が変わりました。その数ヶ月後の検査でOKとなり今も特に悪くなっていない模様。でもまだ正常値の範囲ですが肝臓に関する値がちょっと高めとか。ピンナにはネクターの他にバナナを与えていますが、食べたり食べなかったり。他の果物はあげても殆ど食べないです。(あまり上げていない) 
そしてネクトンSを2/3ぐらいの濃さで与えています。
私もビタミンCや鉄分は良くないと最近知ったところです。
ビタミンというより微量要素を与えた方がいいのではと思って与えていますがローリーにはネクトンは与えない方がいいのでしょうかね。
知り合いのコシジロちゃんも突然死してるので心配になります。
翠雲さんのお店もラウディブッシュを扱われているようですがブレッシング・ローリーフードの方がお勧めというところでしょうか。
試してみたいとは思いますが200gぐらいとかサンプルパックの様なものはありますでしょうか?
何せ他のローリーフードも試していますが殆ど食べてくれないので困ってます。(^^;
【2012/11/18 17:56】 | ヤス #- | [edit]
ヤスさん、横レス失礼致します。
サンプル、お試しのところにありますよ!
是非ともおすすめです。うちはスミインコがいたのですが四月に旅立ち
残されたキスジインコと暮らしています。
他にもミクシィのローリー・ロリキートつながりの方からも同じ情報が入ってきておりまして
(皆さん、たくさんのたいせつな家族を失われました)大豆そのものの粉がいけないようです。
ブレッシングはそうではないので、安心できると思われます。
ビタミンCと鉄分は元々、いけないとはされてきたのですが、うちのようなテリハ属は特に
敏感なようで、腎臓肝臓の異常と目の白濁が見られました。うちのも好き嫌いが激しかったのですが、
少しずつ、移行して食べてもらえるようになっています。元気に長生きしてもらうためには、
好き嫌いを頑張って克服してもらいたいですよね。
ある小鳥の病院の先生も余りに突然死が多いので研究を始めて下さったり、うちの主治医も
ちょっと調べてみると言ってくれたりしています。オーストラリアの飼育下のローリー・ロリキートの
早死には聞かないとある方にお聞きしましたし、何か、いい方法が少しでも早く見つかると
いいなあと思っています。

横から失礼しました。ピンナちゃんって仰るんですね。かわいいお名前。元気で過ごして欲しいです!
【2012/11/18 22:37】 | りん #- | [edit]
大変読み応えのある記事、尚且つコメントの皆さんの内容もとても考えさせられるものでした。
なかなかワイルドゴシキの野生食について研究できません。特定鳥さんを追っていけないし・・・すみません。

いつも、ユーカリやグルベリア、バンクシアの花に夢中なのだけは判るのですが・・・
花粉を食べるときに、虫を食べて、それがプロテインと脂肪になる具合で、「高エネルギー低プロテインを維持」とNSW州のワイルドゴシキについて書いてありました。
大豆がいけないというのは、高プロティンだからなのでしょうね。非常に納得いたしました。

おっしゃるとおり、腸性壊死/壊死性腸炎で脂肪するケースがオーストラリアの大都市で増えているそうで、安易にフィーディングしないようにと政府からお知らせが出ています。

コメントでりん様がおっしゃっているフルーツですが、日本のフルーツは本当に甘いです!
甘くなるように日々研究と開発の賜物だと思いますので、素晴らしいと思いますが、
こちらのは、そんなに甘くないです。(程々に甘いくらいです^^;)

チャンスがあったら、野鳥会や野生動物保護団体などの関係者に聞いて見るべきなのでしょう。
もし何か発見がありましたら、お知らせいたしますね。
【2012/11/19 15:09】 | (Auntie)アンティー #ax4px7aw | [edit]
済みません、ちょっと雑談場になっちゃいしたが(^^;
リンさん、ありがとうございます。
お試しありますね。 早速試して見たいかと思います。
こちらの記載内容や皆様のコメントは本当に勉強になります。
ローリーの情報って少ないですから。
【2012/11/20 13:54】 | ヤス #- | [edit]
改めてローリー、ロリキートの食餌は難しいと考えさせられます。
私も、どの銘柄のフードが安心なのか分からず、結局いくつかの
フードをローテーションして、今まで与えてきています。
が、その殆どに大豆や小麦が使われていますね・・・。
翠雲さんのような勉強熱心なショップオーナー様がいらっしゃることは
本当に心強いです。
また、こちらのコメント欄の皆様の書き込みもとても勉強になります。
【2012/11/20 15:28】 | そりあの #- | [edit]
りんさま
こんにちは!

光、水入れの中で潜水状態です^^
毎日、誰かが水浴びをするので、ビッタビタになりま~す。

ローリー達は最低でも15年は一緒に過ごせると思っていましたが、著名なブログのご愛鳥さん達が
亡くなってしまったという記事に、心痛みます。
まだまだ若いですよね。うちのぶん太の方がよほど長生きです。
毎日食する物の見直しを、みなさまに真剣に考えて頂ければと思います。

野生のローリー達は、果物はベリー類を食すると記載されていました。
ワイルドベリーは甘みなどなく、すっぱそうですね。
ここ近年、果樹園を荒らしたりと人の食する果物を食べているみたいですね。
熟して落ちた、甘い香りのする物を好み、その果実が発酵してアルコールを形成するそうです。
そして、酔っ払いゴシキが出来上がるそうですよ。

ブレッシング社で「フルーツジェル」と言う商品がありまして、果物メインの
おやつみたいな物かな?お湯で溶いて冷まして与えると書いてありました。
来月早々に発注がありますので、取寄せてみたいと思います。
ローリーのおやつには頭を悩ませますね。ドライフルーツのほとんどが鉄分高いですよね。

このブレッシングフードが救世主となることを願っています。
後で、ポーシャの羽の具合の写真を載せたいと思います。

おもちゃ、気に入ってくれて良かったです^^
【2012/11/21 10:31】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
うるぐるさま
こんにちは!
コメント頂きありがとうございます。

人の手に委ねられた鳥さん達は、私たちが頼りです。
少しでも良い物、美味しい物を与えたいですよね。
鳥さんも種類が多いので、個々に合うペレットなどを製造するのは大変です。
犬はドッグフード、ネコはキャットフードで良いですが、ヨウムとローリーでは
同じ鳥類でも食する物が違いますよね。。ヨウムとボウシインコは同じペレットですが
自然界では違うものを食していると思います。
基本食は一緒でも、こちらが果物や野菜など追加してあげないと!と思ってしまいます。

かわいい鳥たちとは、末永く一緒に過ごしたいですよね^^

これからも、どうぞ宜しくお願いいたします!
【2012/11/21 10:39】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
ヤスさま
こんにちは!
ゴシキはカラフルですよね^^私はマーシャのオレンジ色が好きです。
でも、ピンナちゃんのクチバシの下のぽよぽよ、萌えますね~(笑)
一度でいいから触ってみたいです(変態)^^

生産中止のフードは「ズ○○ー○」ですね。このフードは消化しきれないみたいで本国で
かなりのクレームがあったようですよ。ラウディに関しては悪い情報は今のところありません。
ただタンパク質が15%とちょっと高いかな?と思いますが、健康体であれば問題ないのでしょうね。
ラウディブッシュ社は、こちらで流通している15%以外に、ネクター9とネクター3を製造しています。
ネクター3は処方食のようなので、入手は難しそうですが今後、タンパク質含有量が9%のネクター9の
輸入に向けて交渉していきたいと思っております。

ラウディのネクターは野菜類や果物類が入っていないので、別途与える必要があるのでは?
と私は思っておりました。ただ、ネクトンなどのビタミン類は過剰摂取になりますので
控えた方がいいと思います。過剰なビタミンAとビタミンDは肝臓や腎臓によろしくないです。
その必要な分は、ラウディのフードに含まれております。
お勧めのブレッシングは果物も野菜も必要量入っていますし、自然な形で摂取できるビタミンA、
スピルリナやケルプも入っているので、あれこれ余計に与える必要がなく、オールマイティーだと
思います。

ブレッシング社のオーナー様も大変に熱心な方で、7月製造分までタンパク質の含有量が10.99%
でしたが、今回8.99%まで下げましたと、わざわざ連絡をくれます。
とても、ローリー・ロリキートを愛している方です。

お店にご来店、ありがとうございました!
今日、さっそくお送りいたします。ピンナちゃんに気に入っていただけますよ~に!
【2012/11/21 11:06】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
アンティーさま
こんにちは!
犬ブログにもご訪問ありがとうございました!

ほんと、ローリー・ロリキートの情報が少なくて苦労します(汗)。
時間とお金があったら、「オーストラリア・ワイルドゴシキ観察!」に1ヶ月ほど行きたいです。
ゴシキもヒナの時には親鳥が虫を与えるようですね。
僅かな昆虫類とその幼虫、ベリー類に花粉・花蜜を食べると読んだことがあります。
消化がとても早いから、高エネルギーは必要みたいですね。

以前、動画で見たのですが、野生のゴシキちゃんがよそ様のお宅に忍び込み
上手にピーナッツバターの蓋を開けて、食べていました~!
これは正しく、日本のおサルさん状態ですね^^美味しい物を覚えたら、苦労して食すのを止めて
簡単でおいしい物をゲットするのですね。身体にはぜんぜん良くないですが(汗)。

アンティーさんが発見した、タンポポの葉っぱとクローバーを食すこと。
これも貴重な情報でございます。何気なく見たこと、またまた教えて下さいね。
真剣に探すと、なかなか出会えないので「何気な~く」でお願いいたします^^
【2012/11/21 11:19】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
そりあのさま
こんにちは!
ローリーフードは限られた種類しかないので、苦労しますよね。
海外では、他のフードもありますが主成分が疑わしいので、私も輸入には至りません。
一番、称賛されているのはネクトン・ローリーです。
ただ、こちらの製品は特殊な小型のローリーにとても良いのだそうです。
しかも、お値段が高いですよね。

大豆粉に小麦粉、メーカー側もおそらく知らずに製造に至っていると思います。
ローリーフードが開発、発売されての歴史と重なりこの時期にここに来て弊害が
発症したものと思われます。
顕著に弊害が現れたのが、ズ○○ー○ではないでしょうか。これは生産中止となりました。

私たちが飼鳥さんを守ってあげないといけませんね。
愛鳥さん達が末永く一緒に過ごせるよう、みなさんで頑張りましょう!
【2012/11/21 11:30】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
水浴びとっても気持ち良さそうですね♪

なるほど~!
確かに日本の果物は甘いですよね。
こっちのローリー飼いの人のブログとか読んでみたのですが、手作りの方が多く、果物や野菜をピューレにしてそこにサプリメントを入れたり、果物・野菜のピューレにwet mixを混ぜてあげたりするとか書いてありましたが、やっぱりこっちの果物は甘くないからできることなんでしょうね。
果物は甘くなくて、酸味が強かったりします><

もっとローリーについて情報が出てくるといいですね!
私も他に何か情報ないかもっと探してみます^^
【2012/11/23 19:46】 | peepeetan #- | [edit]
先月10月21日に9年間一緒に暮らしたゴシキセイガイインコの「じゅり」を亡くしました。

なくなる一週間前までは何の兆候も見られず、変化に気付いたのは亡くなる前日でした。
でも振り返って考えると、「じゅり」の体調の変化はそのずっと前からあったと気付きました。
動きが緩慢で、放鳥時に私の服に止まる爪の強さも心もとないときがありましたが、「歳』の生徒ばかり思い込んでいた私です。
呼吸の変化がただ事でないとわかり、翌朝に動物病院へ連れて行った時は、(先生の反応から)多分手遅れ・・・・
肝臓が異常に腫れていることがレントゲンでわかりました。
原因は不明です。

「餌」の与え方を間違っていたのではないかと今更ですが考えたりしていますが、それにも確信がありません。
主食は『ラウディブッシュ」社の「ローリーネクター」でした。

もっともっと長生きができるものとばかり思っていた「じゅり」です。
今、「じゅり」が居なくなったという現実に開いてしまった心の大きな穴をどうにも塞げないでいる私です。
【2012/11/27 18:37】 | とっとっと #Iob/sSzg | [edit]
peepeetanさま
こんばんは!
水浴び^^本鳥達はとっても楽しい行事ですが、後片付けが~(汗)。。

本当にローリー・ロリキートのご飯は難しいです。。
近年販売された、ローリーパウダーやローリーネクターが本当に良いのか?
考えるほどに疑問が残ります。
祖母が飼育したいた、ヒインコ・レッド・ローリーは当時、専用食などなく
ヒマワリや、シードミックス、極めつけの「餡子・あんこ」を食して
25.6年長生きしました。それを考えると、人の楽=鳥の負担?
でも、販売する側、製造元も。もっと勉強するべきですね。

最近、心苦しいばかりでございます。

情報のご協力、大変感謝いたします。
何かありましたら、ぜひ宜しくお願いいたします。
【2012/11/27 19:00】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
とっとっとさま
大変ご無沙汰いたしておりました。
じゅりちゃんの訃報、大変驚きました。
遅くなりましたが、ご冥福をお祈り申し上げます。

10月の21日ですか。。我が家のミーシャは20日でした。。
何故でしょう。。今年になり、ローリーやロリキートの訃報が絶えません。。
先日、お電話頂いた方は10月30日にゴシキちゃんを亡くしたそうです。
やりきれないです。。。
みなさまもおっしゃっていますが、虹の橋の向こうで今年はローリー・ロリーキートの
大イベントがあるらしいです。じゅりちゃんも、ミーシャも参加してしまいましたね。

ミーシャも前日までは差ほど変わらない状態でした。
肝臓・腎臓の病の悪化は突然現れるみたいですね。
ミーシャは腎臓の尿酸値が急激に上がったことが、最悪の結果に繋がったと思います。

ラウディが主食でしたか。。最近、ラウディの方も詳しく調べている最中でして
本国では悪い評判はないのですが、ローリー飼いの方たちはオリジナルの果物や
野菜など、独自にアレンジして与えることが目立つようになったと思います。
専用フードの崩壊の時期かもしれませんね。
私たちは、その専用フードを信じ与えてきました。
代替品はないですものね。花粉や花蜜を新鮮なまま与えるのは不可能でした。
愛すべき鳥さん。私たち鳥好きは、鳥の賢さ、愛情の深さ、そして人の言葉で
コミュニケーションをとる健気さ、すべて愛おしい存在ですよね。

切なく、心苦しいお気持ち大変わかります。
未だに私もミーシャが帰って来るのでは?と思い、まだ帰って来ないので
とっても、もどかしいです。

とっとっとさまも、どうかお気を落とさずに、じゅりちゃんのためにも
そして、他の鳥さんたちも心配しています。
どんな言葉を掛けても、お気持ち苦しいと思いますが、今飼育されている方々への
ゴシキちゃん達の飼育の伝授。ご教授なるものを広めていきましょう。
私も、フードの事や飼育管理を徹底することがミーシャへの思いだと思っております。

心よりじゅりちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
【2012/11/27 19:37】 | 翠雲☆☆ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://portia666.blog14.fc2.com/tb.php/346-2698d843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プラグインタイトル 検索フォーム

プラグインタイトル RSSリンクの表示
プラグインタイトル リンク
プラグインタイトル ブロとも申請フォーム
プラグインタイトル QRコード

QR

プラグインタイトル フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。