タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Parrot



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

コロちゃんの思い出...2

2010.06.03(21:10) 31


今日は良いお天気でしたね。私は昨夜から、仕事に関する資料集めや、アメリカのとある
方とのメールのやり取りで、ほぼ無睡眠状態です。
そして、海外送金のため銀行に出向いたところ、2時間も拘束されました。
ひじょーに、疲れました。

コロちゃん、前回記事を書いて、ものすごく複雑な心境に陥りました。
そう、コロちゃん、我が家に来て数週間後、体調を崩しました。ちょうど、一人餌に
切り替わる頃でしたので、私の管理不十分により体調を悪くしたのかもしれません。
近所に鳥を診れると言う病院は一軒だけで、藁をもすがる思いで行きましたが、なんと、
結局、診察不十分、処方したお薬は「小動物用抗生物質」がっかりでした。

吐き戻しと、下痢が良くならず噂に聞いた「鳥専門医」探しが始まりました。そんな中、
ようやく、今でも主治医のT先生にお会いすることができました。
でもね、予約を入れてから約3週間待ちでした。
もすごく不安でしたよ。待っている間「何かあったらどうしよう」って。
でも、無事に?2005年11月27日診察を受けることが出来ました。ぶん太も一緒に健康診断。

その、初日にね予約したした時間過ぎること、20分遅れでT先生到着。
初日に遅刻されて、私ちょー不安。
でも、後々のお付き合いで良い先生だと実感致しました。
色々、アドバイスを頂き、お薬も処方してもらいました。それから、2週間に一度の
割合で通院し2006年2月12日に、完治しました。約3ヶ月の治療でしたが、すこぶる元気に
回復した、コロちゃん。
ほんと、鳥の病院はさすが「凄い」と実感されられた事実です。

それから、半年に一度ずつ健康診断を受け、管理してきましたが本来、身体が弱いらしく
健康診断の、糞便、そ嚢検査では毎回ひっかかり、お薬のお世話になっていました。

そんな身体の弱いコロちゃんですが、気は強いですよ~。体格も申し分なく、ジャンボ
セキセイ?と思うくらいの体系でした。
きっと、身体が弱いからそれを隠すために、強かったのかも。今はそう思います。

女の子なのに、お喋りが得意だったコロちゃん。「むかし~むかし~あるところに~....
こ~ろ~ちゃ~ん」と得意げにお喋りしていました。
なんか、声が聞こえてきそうでなりません。
思いでは尽きませんが、ほんと切なくなります。 次回は、レオ君との出会い、から
お送り致します。

         P1010004.jpg


人気ブログランキングへsekisei13.gif

           
スポンサーサイト

Rainbow Parrot



<<コロちゃんの思い出...3 | ホームへ | コロちゃんの思い出...1>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://portia666.blog14.fc2.com/tb.php/31-4a45d5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プラグインタイトル 検索フォーム

プラグインタイトル RSSリンクの表示
プラグインタイトル リンク
プラグインタイトル ブロとも申請フォーム
プラグインタイトル QRコード

QR

プラグインタイトル フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。